2007年03月06日

藤圭子と宇多田ヒカルの音楽

藤圭子は天才・演歌歌手だが、
藤圭子の父親は浪曲歌手、母は三味線瞽女(ごぜ)という音楽一家だった。

藤圭子は母の三味線瞽女の門付に同行して、
幼いときから旅回りの生活を送り、自分も歌っていた。

17歳のとき、「さっぽろ雪まつり」のステージで歌ったが、
これがレコード会社の関係者の目にとまり、歌手デビューとなった。


藤圭子は1969年に『新宿の女』でデビューし、
翌年には『圭子の夢は夜ひらく』が40週連続1位となる。

藤圭子は、この『圭子の夢は夜ひらく』で日本レコード大賞大衆賞を受賞。
NHK『紅白歌合戦』に初出場した。


そして藤圭子は1971年に前川清と結婚するが、
翌年には離婚した。


藤圭子が突然引退を表明し、アメリカ合衆国に渡ったのは1979年だ。
その後の1982年に、藤圭子は宇多田照實と結婚し、
翌年、宇多田ヒカルを出産した。


1995年には、藤圭子は夫の照實と宇多田ヒカルの3人で、
「U3」のユニット名でインディーズでレコードを発売している。

現在は、
元夫の宇多田照實が代表取締役を務めるU3MUSICの役員を、
藤圭子は務めている。


藤圭子は、
宇多田一家の音楽活動およびそのサポート業務を行っている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ETC購入体験
posted by ちほりん at 12:41| Comment(0) | 藤圭子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤圭子・天才演歌歌手が天才・宇多田ヒカルを生む

藤圭子は天才・演歌歌手であり、
そしてまた、天才歌手・音楽家の宇多田ヒカルを生んだ母親である。

藤圭子のデビュー曲『新宿の女』は、
アルバム「新宿の女」が20週連続1位、
続けて発売されたセカンドアルバム「女のブルース」は17週連続1位だった。

計37週連続1位という空前絶後の記録を作っている。


藤圭子は、
デビュー曲「新宿の女」のキャンペーンのとき、
新宿中のレコード店や飲食店を廻って歩いたという。

その思い出の地の新宿の「西向天神社」には、
藤圭子の「新宿の女」の歌碑が建てられている。
また「圭子の夢は夜ひらく」の歌碑は、
同じく新宿の「花園神社」に建てられている。


藤圭子は、
『怨歌』と呼ばれるような、夜の世界の女の感情を歌った暗く陰鬱な歌をうたった。
藤圭子の声は、
女性ハスキーヴォイスの先駆者青江三奈をもしのぐドスの聞いた声で、とても衝撃的だった。


藤圭子は1974年、喉のポリープの手術を受け、
かつての声質は失われたのは、とても残念だ。
現在は、歌手を引退している。


光ブロードバンド工事体験

posted by ちほりん at 12:15| Comment(0) | 藤圭子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© by離婚&再婚事情All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。